2007年07月21日

070721 配筋検査-2

 今日は、基礎立ち上がりの配筋検査である。


07072101.jpg

前々回の基礎屋さんは、アンカーボルトを「田植え」し、前回の基礎屋さんは、口うるさく言ったおかげで、なんとか最初にセットしてくれたが、治具なんか使わず、鉄筋に針金で固定。しかし、今回の基礎屋さんは、何も言わなくてもきちんと専用治具にてセットしてあった(ふつーはこれなの>主任!)。

07072102.jpg

 ということで、何の問題もなく、検査終了。これから施主打合せである。さて、どんな打合せになるのだろう?
posted by F at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年07月18日

070718 配筋検査

 基礎の工事も順調に進み、今日は配筋検査である。今回も鋼製型枠を使用したので、立ち上がりと底版は分けて打設することになる。

□基礎底版の配筋状況
07071801.jpg

07071802.jpg

底版の鉄筋は、2階建て程度なら10φで行うのが一般的だが、今回は13φと太くしている。
さすがに13φあると、鉄筋の上を歩いてもたわみが少ないので安心である。

今回の鉄筋屋さんは丁寧な仕事をしてくれたので、不具合はほとんどなかったが、基礎の人通口(点検のために人が歩けるよう、基礎の一部を立ち上げないところ)の処理が甘かった。

07071803.jpg

立ち上がり用の鉄筋をそのまま切ってしまっている。

□修正案(CG)
07071804.jpg

 そこで、上部に鉄筋を1本流して、それにフックで引っ掛けるよう指示し、鉄筋屋さんも納得の上、修正してくれた。

 やはり、配筋検査は必要だ。

 
posted by F at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月10日

070710 基礎工事開始

 このところ天候不順によって着手できなかった基礎工事が本日より開始となった。

□浄化槽がすでに埋め込まれている
07071001.jpg

□水平を出して基礎の高さを決めていく
07071002.jpg

 今回の基礎は、建物が4層あるということもあって、通常の2階建ての基礎よりも強度を増して設計している。
 初めての基礎屋さんだったので、不安と期待が交錯する。果たして、今回の基礎屋さんは、間違いなく施工してくれるのだろうか?
posted by F at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。